飲食店の経営が失敗せず儲かるようになる4つのポイント

The following two tabs change content below.
「どんな方でもできるブログ」はお客さんを集め続ける“武器”にも、稼ぎ続けるための“武器”にもなります。私はそんなお一人おひとりに合った“継続的で自動的な仕組み”を創る専門家です。 また集客に強いと評判を頂いております“マンガ”を活用した動画、ウェブサイトなどのコンテンツの制作や、芸能人・有名人向けブログまで多数サポートしております。 継続的な集客や収入の仕組みを構築するための無料ご相談はコチラから。

皆さんこんにちは。
マンガブログ集客コンサルタントの小林です。

このブログでは、主に個人のユーザーさんをお客様と見据えたビジネスを展開されている個人事業主様や小規模の法人様向けの集客を実戦でお役立ちいただけるための情報としてご紹介させていただいております。

私も飲食店の経営者様からも多くご相談をお受けしておりますが、やはり一番不安にあることは経営手法を失敗してお店を閉じなければなくなってしまうことですね。

当たり前のことと言ったら当たり前のことなのですが、この“経営を失敗しない”ということに正直100%はありません。どんなに目標に対して順調に進んでいたとしても自身がコントロールできないようなことから事業が傾いてしまうことすらあります。

そのようなリスクを回避する為にぎりぎりの経営ではなく資金力のある経営をするということが大きなポイントとなります。

ですのでまずイントロの部分で言わせていただくことは、ぎりぎり食べていけるというような経営目標は絶対に立てないでください。
売上を上げ続けるということは、結果一番あなた様のお店を愛してくださっているお客様のためになることとなります。

そんなお話から本日は「飲食店の経営が失敗せず儲かるようになる4つのポイント」という話題に入っていきたいと思います。

はじめに-飲食店は客単価を上げるべし!-

飲食店の経営が失敗せず儲かる手段を考える時、重要なポイントは客単価を上げる事になります。

客単価というのは何でしょうか。簡単に言えば、お客様一人当たりの売り上げの事を指します。

飲食店の経営が失敗せず儲かる手を考える上で、一番の売り上げを計るのにいい指標の一つになりますね。

飲食店の客単価を上げる方法を上手く取る事で、あなたの飲食店の経営が失敗せず儲かる道に繋がる事になります。

しかし、そうは言っても、飲食店の経営が失敗せず儲かるためにこの客単価というもの、すんなりと簡単には上がってくれないイメージもわきますね。

今回の記事では、その客単価ベースで飲食店の経営が失敗せず儲かる手段として売り上げアップが解決できる方法を具体的にご紹介させていただきます。

ぜひすぐに実践できてかつ成果の見込める飲食店の経営が失敗せず儲かる方法ばかりですので、ご参考になさってください。

さて、ではまずは最初に、単純に考えてみましょう。

すると、最も単純な飲食店の経営が失敗せず儲かる方法は、ただメニューの商品の値段を高くすればそれで解決、というのはわかると思います。

これはやろうとすれば一番すぐできて、誰もがこうしたいと考える飲食店の経営が失敗せず儲かるための客単価を良くする手段ですよね。

当然の事と言えば当然の事になります。しかし、やはりそう簡単には行きませんね。

値段を上げるという飲食店の経営が失敗せず儲かる客単価を上げる方法には、そのまま買っていただければそれでいいのですが、様々な危惧が付きまといます。

例えば、最初に安い価格設定で始まったお店なのに、飲食店の経営が失敗せず儲かるために客単価を良くする手段とは言っても、急に値段が上がれば、特に前に安かった事を知っていたお客様からすれば残念なお気持ちになります。

仮にその飲食店の経営が失敗せず儲かる客単価を良くする手段として高くしたばかりの値段を最初に見たお客様であればいいのかもしれませんが、世の中どこでどのように口コミやネットなどで噂が広がるかもわからない時代です。

飲食店の経営が失敗せず儲かるためとは言え、迂闊に急に値段を上げる事はできません。

しかし以下からご紹介します方法を取れば、飲食店の経営が失敗せず儲かる手としてそのままストレートに値段を上げるのは避けつつも、それでいて簡単着実に売り上げが出てしまいます。ではさっそく見ていきましょう。

ポイント1比較させる

%e9%a3%b2%e9%a3%9f%e5%ba%97%e3%81%ae%e7%b5%8c%e5%96%b6%e3%81%8c%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%81%9b%e3%81%9a%e5%84%b2%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b4%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%83%9d

では最初の飲食店の経営が失敗せず儲かる手は、『安い品と高い品を比較し、高い方を選ばせられるようにする』という工夫です。

これは、飲食店の経営が失敗せず儲かる手段としては、ただ放置していて起こるものではなく、メニューなどの見せ方や、営業の仕方にもかかってきます。

要するに、飲食店の経営が失敗せず儲かるために、お客様に内容をご説明し、高いけれどもそちらの方がいいと納得していただければいいという事です。

この飲食店の経営が失敗せず儲かる手については、それなりの技術力や準備時間も必要になるかもしれませんが、ここで一度流れさえできれば、飲食店の経営が失敗せず儲かる方法としてかなり強いです。

戦略として、このようなまずは安い方の値段を見せて注意を引き、そこから結局はサービス内容の違いから高い方を選ばせるという流れを作る飲食店の経営が失敗せず儲かる手は、さりげなく大手の企業などでもよく見ると取られています。

やはり飲食店の経営が失敗せず儲かるためにはいいアイデアだという事でしょう。

実際に見せ方の上手いお店では、飲食店の経営が失敗せず儲かる方向へ、計算通りにお客様が動いています。

実質的に本当に高い方を選んだ方がいいように、飲食店の経営が失敗せず儲かるために、理論上もイメージ上も上手く作りこまれているという事ですね。

この心理戦略は、飲食店の経営が失敗せず儲かる方法としては手もつけやすいものですので、ぜひ実践してみましょう。

遠回りのようにも感じますが、やってみれば着実にものになっていくでしょう。

まずはご自身の飲食店のメニューなどを見て、お得なセット内容を作ってみるなど、やはり安いのではこの程度、少し高くするだけでこんなにグレードが上がるのかと、そのように思わせられれば飲食店の経営が失敗せず儲かる手としては成功ですね。

ポイント2サイドメニューの充実

では次の飲食店の経営が失敗せず儲かる方法は、『基本が安いものでも、何かと組み合わせて購入する事を誘い、収益を上げる』です。

これは例えばコンビニなどでも、どこででも見れば大概取られている飲食店の経営が失敗せず儲かる手です。具体的には、コンビニの出口付近にある口臭ガムなどですね。

あれはついレジに並んでいる最中に手に取ってしまいます。

すると、飲食店の経営が失敗せず儲かるための最初の客単価の話で言うと一気に百円とか、上がるわけです。

それが積み重なれば、徐々に大きな売り上げとなっていくでしょう。飲食店においてお店の経営が失敗せず儲かる手として成功させるためには、やはりサイドメニューなどの設置は重要ですね。

よって飲食店の経営が失敗せず儲かる手として戦略にするなら、あえて元々のものをシンプルなものにして、いろいろと有料のオプションを付けたくなるように設定する事が大事です。

さて、いろいろと見てみましたが、飲食店の経営が失敗せず儲かるために取るべき行動自体はそこまで難しい事ではありません。

着実に問題解決の方向に進んでいけば大丈夫です。飲食店の経営が失敗せず儲かるために、今からコツコツやってみましょう。

おすすめ-飲食店はランチを経営開業せよ!-

%e9%a3%b2%e9%a3%9f%e5%ba%97%e3%81%ae%e7%b5%8c%e5%96%b6%e3%81%8c%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%81%9b%e3%81%9a%e5%84%b2%e3%81%8b%e3%82%8b4%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

では続いてまずは一つ、ランチ経営開業メリットに関してご紹介させていただきます。よく聞かれる話ですが、食べ物屋の利益は特に夜に出るもので、お昼の時間は利益にならない、という考え方があります。

しかし売上アップには、このランチ経営を無駄にするかしないかで大きく左右してきます。

どういった事でしょうか。今回はそのような、経営が失敗せず儲かるためにはランチ経営開業メリットはあまりないといった誤解を解きつつ、ランチ経営開業メリットをはっきりさせていきたいと思います。

具体的に下記から、飲食店が失敗せず儲かる手段としてポイントを再び列挙していきます。ご参考になさってください。

さて、ではさっそくランチ経営開業メリットを見ていきたいのですが、まずは書いてきたような、お昼の販売の効率の悪さの話について弁解いたします。

そのランチ経営開業メリットはないとする根拠となっているのが、近年のお昼の安売り競争です。五百円ランチに代表されますね。

確かに、例えば五百円ランチという一定の縛りがあるだけでも、どこも似たような安売り市場のイメージになってしまい、差別化ができない事になってしまいますね。

この縛りの中で、より他の競合よりもクオリティーを上げようとすれば、そうするほどただただ損失が増える可能性もあります。

そもそもランチ経営開業メリットとして、昨今の「安売り」を何としてでもやるモチベーションになっていた大きな根拠でよく言われたものが、

『お昼のリピーター、口コミ確保』
『夜の時間への誘導』
『食材の有効利用』

でした。しかし、結果このために飲食店がみんな同じ事を考えはじめ、失敗せず儲かるための安売り競争が広がり過ぎて飽和状態になってしまったのです。

結果、なかなかランチ経営開業メリットと言えるような成功例がなくなってしまったと思われたわけですね。

安売りが広まり過ぎて、お客様の方も、「安くてお得」を求める思考ばかりが大きくなり、そもそもその点しか見てくれない場合は、その店だけのリピーターになるほどの必然性はお客様にとって薄く、しかも飲食店はこぞってリスクでもありますが安くてお得な商品を提供しようと張り合って、損失を大きくします。

その失敗せず儲かる手段としては負のスパイラルが完成してしまったわけですね。

よって、結論として経営が失敗せず儲かるためのランチ開業メリットは薄いと多くのお店が判断するようになっていきました。

それにしてもこれはいけないスパイラルです。利益の出せる夜の時間への誘導もなかなか難しくなります。

お昼をとにかく安く済ませる、そればかりを考えられては、お昼だけ上手く利用されて終わりです。せっかく飲食店が失敗せず儲かるのための食材の有効利用にもなるかと思われたお昼の運営も、商品のコストとして人件費なども入れ、ただ損失があるだけになっていくのです。

そうなれば、もはや飲食店の経営が失敗せず儲かる手段の上でまるでランチ経営開業メリットは見当たりませんね。

ちなみに最も経営が失敗せず儲かる利益の出せる食材としては、アルコール類になります。

よって、夜であれば失敗せず儲かるためにメインをアルコール類にもできますし、お昼はランチ開業メリットもありませんし、夜の営業に集中しようとなるわけです。

さて、ここまで聞けば、明らかに失敗せず儲かる手段の上でランチ開業メリットはないと思ってしまいますね。

確かに夜だけの運営でも失敗せず儲かる方法としては間違いではないでしょう。しかしです。

上に挙げました、この三つの元々のランチ開業メリット、『お昼のリピーター、口コミ確保』、『夜の時間への誘導』、『食材の有効利用』ですが、これは確かに内容としては重要なものです。

この価格競争の中、なかなかお昼の売上が振るわない状態にまさになっている場合の店舗は、「方向性」をしっかりと間違わずに定め、ランチ開業メリットをきちんと考えて提供していけば、まだまだ生き残る可能性は残っています。

ポイント3食事の所要時間の短縮とポイント4そこにしかない味

%e9%a3%b2%e9%a3%9f%e5%ba%97%e7%b5%8c%e5%96%b6%e3%81%8c%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%81%9b%e3%81%9a%e5%84%b2%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b4%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4

では、その失敗せず儲かるための作戦の「方向性」とはどういったものでしょうか。

これについては、何より、お客様の求めるものを、しっかりと分析する事からはじまります。

上に書いたように、確かにお昼の時間帯と言えば、安売り競争になっている節もありますが、そこでそれだけで考えるので、途方に暮れるのです。確かに安さも求められているでしょう。

しかし、言うなればそれは当然過ぎるほど当然の事です。

ここで、それと並んでかなり大事ないくつかの失敗せず儲かる事に繋がる概念があります。これこそが、むしろ安さ志向が蔓延している昨今、勝つための打開策になるでしょう。それが、

『いかに早く食事を済ませられるか』
『それはそのお店でしか味わえないものか』

の二点です。ランチ開業メリットの、『お昼のリピーター、口コミ確保』、『夜の時間への誘導』、『食材の有効利用』を全てクリアして効率化し、かつどこも同じような安売りの競争に勝つための手段は、ここから作り上げるしかありません。

このランチ開業メリットをしっかり意識して、きちんとお客様のハートを掴む事ができれば、失敗せず儲かる事は成功し、全ての状況の効率化が済みます。

簡単に解説すれば、まずお客様の立場から、お昼の時間は、大概の方は仕事の休憩時間などであり、時間に制約のある方です。

よって、すんなり素早く出てくるお店であれば、ものすごく失敗せず儲かる事に直結する満足度は上がります。

そしてかつ、そのお店に行かなければならない理由を作りましょう。良く言われますが、お客様があまり来られない、というお悩みには、では逆になぜお客様が行かなければならないのか、その根拠がそのお店にあるのかと返せます。

どんな些細な事でも、必ず他にはなく、目を引くような、印象に残るような仕掛けを作る事が失敗せず儲かるためには大事です。

仮にこの『いかに早く食事を済ませられるか』、『そのお店にしかないものか』を意識して運営し、徐々にお客様にファンになっていただければ、安売りにしても数を打てるので失敗せず儲かる利益が出るようになります。

また、売る時の技ですが、上記の比較のポイントにも関係いたしますが、値段は三段階用意するべきというものがあります。

なぜなら、まず二段階では、お客様はほぼただ安い方を取ります。しかし、これが三段階になれば、真ん中を選ぶ確率が高くなるのです。

これを上手く配置できれば、入口は安く見せつつ、結局は高価なものへと誘導する失敗せず儲かる手段すら可能です。

このどこも同じような安売り競争への打開策、失敗せず儲かるためのランチ開業メリットはわかりましたでしょうか。ぜひ考慮してみてください。では、あなたのお店のお昼の運営の成功も願っております。

最後に、現在無料キャンペーン中の無料ブログ集客相談を行っているのですが。

飲食店の経営が失敗せず儲かるようになる手段として、ブログはうってつけです。

作ってしまえば不動産と同じく、この先半永久的にお客様を集め続ける事ができるツールになるので、導入してみるのもいいと思います。

ぜひどのような些細な事でも一度お声がけくださいね。

というわけで今日は「飲食店の経営が失敗せず儲かるようになる4つのポイント」というテーマでお届けしました。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

サンプルゲームを使ってみました

※音声が出ますのでご注意してください。

スタートアップ事業者様向けオススメプラン







いつも多くのシェアありがとうございます。

自分だけの集客メディアで差を付けろ!
継続集客コンサルティング

主にこれから事業を始める方にとって『集客』は大きな課題となります。
広告費をかけ続けるのではなくあなたの求めるお客様のほうから自動的にお問い合わせを頂ける自分だけの集客メディア作りをサポートいたします。
まずはどんなことでもお気軽にご相談ください。

安定した収益をブログから!
ブログで稼ぐためのコンサルティング

どんな方でもブログで継続的な収益を生み出すことは可能です。
ブログは「コツコツ」という努力が報われるツールです。
長期的に安定した収益をほぼノーリスクで生み続けたい方はどんなことでもお気軽にご相談ください。


あなたの価値を100倍引き上げる
売上に直結するマンガ制作

2018年の今日、ただ漫画を制作するだけではほとんど効果を発揮できません。
弊社ではこれから事業を始められる方から、大手企業様までのマンガ制作の実績を通し売上に直結するマンガ制作をご提案させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

「どんな方でもできるブログ」はお客さんを集め続ける“武器”にも、稼ぎ続けるための“武器”にもなります。私はそんなお一人おひとりに合った“継続的で自動的な仕組み”を創る専門家です。 また集客に強いと評判を頂いております“マンガ”を活用した動画、ウェブサイトなどのコンテンツの制作や、芸能人・有名人向けブログまで多数サポートしております。 継続的な集客や収入の仕組みを構築するための無料ご相談はコチラから。