【最新版】フォトグラファーになるには?年収や集客方法は?

The following two tabs change content below.
「どんな方でもできるブログ」はお客さんを集め続ける“武器”にも、稼ぎ続けるための“武器”にもなります。私はそんなお一人おひとりに合った“継続的で自動的な仕組み”を創る専門家です。 また集客に強いと評判を頂いております“マンガ”を活用した動画、ウェブサイトなどのコンテンツの制作や、芸能人・有名人向けブログまで多数サポートしております。 継続的な集客や収入の仕組みを構築するための無料ご相談はコチラから。

皆さんこんにちは。
マンガブログ集客コンサルタントの小林です。

このブログでは、主に個人のユーザーさんをお客様と見据えたビジネスを展開されている個人事業主様や小規模の法人様向けの集客を実戦でお役立ちいただけるための情報としてご紹介させていただいております。

では、今日のテーマは「【最新版】フォトグラファーになるには?年収や集客方法は?」です。

はじめに

5719b6c503552821b6ec48f2eefb60a5_m

まずはフォトグラファーという呼び方について。カメラマンとも言うような気がしますが、明確な違いはあるのでしょうか。世界的に見れば、英語圏の国ではカメラマンという呼び方は存在しないようで、まとめてフォトグラファーと呼ぶようです。

そして日本におけるフォトグラファーの意味は、写真を撮影する活動をしている人全般を言い、カメラマンというのはテレビ局などでもそう呼ばれるように、専門の仕事としてカメラを扱っている人を指すという違いがありますね。

クリエイティブなこうした職業は、言ってみれば実際にお金を稼いでいるのであれば、自分はフォトグラファーですと名乗ればそうなります。

よってフォトグラファーになる事自体は難しい事ではないのですが、やはり問題はなるとは言っても継続していけるか、そのための集客方法や現実的な年収などを考えていく必要があるわけですね。

気になるフォトグラファーの年収

以下に平均的なフォトグラファーの年収情報を、その稼ぐパターンごとにおおまかにご紹介いたしますが、総じて年収に関して言えば、三十万円前後の月収で、年収で言えば三百万円台後半から五百万円台後半ほどが平均のようです。

まずはそういったフォトグラファーなどを募集して集客している会社などでの年収です。当然ですがフォトグラファーの会社によって給与を出す方法は様々で、年収も様々になってきます。

もしあなたがフォトグラファーの卵としてそういった会社に入ったとすれば、業種の特性でもあるのですが、最初のうちは年収も低く始まり、だんだんとランクを上げていくという給与方法になっているようですね。

具体的な年収はだいたい、スタート時には三百万円くらいのようです。もう少しフォトグラファーを業種で細分化した年収情報を言えば、大手の出版社で四百五十万円、大手の新聞社で四百三十万円、広告代理店で四百五十万円、印刷会社で三百八十万円ほどになっておりますね。

その中をさらに職種での年収に分けますと、スポーツカメラマンが六百五十万円、テレビカメラマンが六百万円、ブライダルカメラマンが四百万円、スタジオカメラマンが三百万円ほどのようで、何を選択するのかで年収も変わってきます。

もちろん会社でフォトグラファーをする手は、このように年収を会社に合わせなければならないという弱点はあるのですが、アルバイトではなく特に正社員になるのであれば、その待遇内容が就職判断のポイントになりますね。

年収は決められてしまうかもしれませんが、フォトグラファーの会社で働く方法は、何かと待遇の面で楽はできるであろう点は利点として指摘していいでしょう。

ただし、それも繰り返すようですが全てフォトグラファーの会社によるわけで、会社で働く方法を取るならばよく調べていってみましょうね。

では続いてのフォトグラファーの年収情報は、すでにフォトグラファーなどで活躍するプロのアシスタントとして年収を得る手です。

この場合、だいたいの年収相場は月に十万から十五万ほどとなっており、年収ベースで考えても稼ぎの額は最も低くなってしまう方法かもしれません。もちろんこれも人によると思いますので、この方法で年収を得る場合はしっかりと調べていきましょうね。

とにかくこの方法で年収を、もし低い所得でもわざわざ得るメリットとしては、やはりプロのフォトグラファーの方の近くで生の声を聞き、直に技を学べる点が大きいでしょう。ここからフォトグラファーとして独立する事を想定している方も、おすすめの方法と言えるわけですね。

では最後のフォトグラファーの年収情報になりますが、フリーランスのフォトグラファーで活動する場合の年収ですね。

こちらの場合、上手く集客する事さえできれば、上の二つの方法で年収を得るよりも遥かに高額の収入、具体的には一千万円クラスの年収を手にする事も可能です。

今回のこの記事でご紹介したいフォトグラファーの集客方法は、基本的にはこのフリーランスのフォトグラファーを目指す方向けの情報になります。何よりいいのは、繰り返すようですが自らが自らの価値を設定できる点にあると思われます。

逆にフォトグラファーの会社に入ってしまえば、待遇はいくらよくても、あくまであなたの価値はフォトグラファーの会社が定める事に留まってしまう事が多いです。確かに全て自分で管理しなければならない大変さはあるとは思われますが、この方法はフォトグラファーとして高い年収を目指すには一番の手です。

ここでご紹介いたします道も踏まえつつ、ぜひ年収アップにチャレンジしてみてください。

フォトグラファーとしての年収アップのための集客方法指南

7add2835b189eb063870f3642da06392_m

一つ目のスムーズなフォトグラファーとしての年収アップのための道は、まずは将来像としては上記にした中の、フリーランスのフォトグラファーとしての独立を目指す事です。

そして方法として、やはりカメラマンのアシスタントや助手として何年か下積みをして本物の実力を手に入れて、プラス大手の出版社や広告代理店などからのオファーのあるような立場に、人脈等作っていくのが最初のステップ方法になりますね。

写真と言っても本当にあなただけのセンスの問われる分野であり、どこのクリエイティブな業界でも同じですが、やはり何か少し他と違うスキルや功績やブランド力を手に入れれば、それは年収アップのための絶対の武器になりますね。

そして二つ目のフォトグラファーとしての年収アップのための道は、WEBを活用する方法です。いわゆる流行りのストックフォトサービスの活用方法が軸になります。ストックフォトサービスとは、ネット上にデータとしての写真をアップロードする方法で、誰でも手軽に写真を配布、販売する事ができるサービスです。

これを読んでいるあなたも、一度はインターネット上で写真を調べたり、フォトグラファーからダウンロードした事があると思います。

今では、このサービスを使って年収を得る方法も多々あり、上記のような、現場で修行する方法もいいのですが、今風の新しい集客方法も登場してきたと言っていいです。

誰もが持っていると言ってもいいスマートフォンに搭載されている小さなカメラでさえ、それなりに見栄えのする美しい画像が容易に撮影できるようになりました。この文明の利器を年収上げ、集客に生かさない手はないのです。

以下に記すのは、主に上記にした二つの方法での、フォトグラファーの年収上げを実現するために必要な重要な心得を指南させていただこうと思っております。

前提として、あなたが何にも属していないフリーランスのフォトグラファーだとしますね。ではさっそくですが、重要な原則の一つをご紹介します。それは、相手にするのは企業を狙う、という方法です。

そもそも個人に少しずつ買っていただくよりは、企業にどかっと買っていただくのを狙うべきなのは年収アップの方法として言うまでもありませんね。それに、企業が相手ですと持っているお金も大きいので、より高値での取引方法も実現しやすいのです。

さらにです、個人の方ですと、そこまで慎重にならないのですが、企業ですと使う写真にかなり気をつけていて、なるべく他社とは被らないようにしたいでしょうし、さすがに無料配布のよく使われているような画像を広告方法にしたりはしたくないですよね。

そうなると結局はフォトグラファーの方へのオーダーメイドの写真依頼に繋がってくる事になるのです。個人の場合はそこまではないですが、企業はこれが多いのです。このような相手の需要に応えるようなフォトグラファーの写真作りは、何を取っても最優先すべき方法になるでしょう。

稼ぐ方法を失敗してしまうフォトグラファーの方に多くなるのが、自分主体で判断して動きすぎている事が挙げられます。これではいくらセンスがあるフォトグラファーでも、相手は購入には至りません。

では次の大きな年収アップになる道の原則として、より専門的でニッチになる、あなたにしか撮れないような写真を増やしていく事をご紹介いたします。これは単純にわかる話になると思いますが、ただのその辺りにある海や山の写真に価値はありません。

ただでさえ他のフォトグラファーの方々と年収を得るために競争していく事になるわけですので。この貴重な写真を用意する事になる方法を成功させるために、いくつか具体的なアドバイスを書きます。

まずは、景色よりも人の写真、少人数の写真よりも大人数の写真、を念頭に置いておきましょう。なぜこのような方法で需要がわかる事になるのかと言えば、お気づきでしょうが肖像権の問題があるためです。

特に人の場合、顔を思い切り写真で掲載するためには絶対に許可が必要になるゆえ、そのために人が写っているほど、大人数であるほどにその写真の価値が格段に上がる事になるのです。

年収を得る手として販売するターゲットを企業にしている点も大きく、人々へサービスを提供するための広告になるものに、人の入った写真を使いたいのは当然と言えば当然という事になるでしょう。

専門的にレアな写真になるものというのは、特に職業別にするのがおすすめです。相手の事を事前にイメージして、逆に不動産向けになる写真や、料理店向けになる写真などをこだわり抜いて用意していくのです。

そう簡単に撮れないような、宗教の場面や、レアな食事、またシチュエーションはわかりやすく、もしあなたが旅行する事が多ければ、それだけでも大きなスキルになる事うけあいです。その土地でしか撮れないものなど、この原則にうってつけの手になるのです。

また、その延長として、年収を手にするためにたくさん写真を買わせる工夫としておすすめになるのが、その写真をシリーズ化する事です。わかりやすい所で言えば整形手術のビフォーアフターのような感じになるのですが、あれは少なくとも二枚セットでないと意味がありませんね。

他にも、同じモデルの方の喜怒哀楽を用意するなど。同じシチュエーションで何枚も撮影する事になる上、それでいて絶対に売れる方法になるので、コストパフォーマンスも申し分ない事になるわけです。

このように、相手の立場に立った手が、年収アップのための重要な集客方法となるのです。

では最後に重要な心得になる事として、フリーランスになる場合、アシスタントとしてそれを目指してスキルアップになる事をする場合にも欠かせない概念があり、それは、技術に縛られない事です。

特にネット上で活躍する方の中には、技術的には素人の延長くらいのものでも、年収だけは一千万円以上になる、といった方もざらにおります。

この理由はやはり、技術よりもむしろ、ニーズに合わせた写真作りや人脈、果てはとにかく写真を撮るのが好きという気持ちが大事という事になるでしょう。いくら上手く年収になるのに結びつかないと言っても、それがいけない方法では決してありません。

あくまで写真を愛する気持ちを忘れない、その情熱も大事にして集客方法を広げていってくださいね。

フォトグラファーになる集客にはブログ!

フォトグラファーになる事で年収アップ、集客を成功させるのに、フリーランスになる場合最も効果を上げる例の一つとしてブログの活用があります。

このインターネットの時代、あなたのご足労を煩わせず、それでいて半永久的な集客媒体になる、年収アップに貢献するようになる、しかも手頃に形になるのがブログなのです。これからフォトグラファーになるのに活動していく場合、そこまでおおがかりなものになる事はありませんのでぜひご検討なさってみてください。

というわけで今日は「【最新版】フォトグラファーになるには?年収や集客方法は?」というテーマでお届けしました。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

サンプルゲームを使ってみました

※音声が出ますのでご注意してください。

スタートアップ事業者様向けオススメプラン







いつも多くのシェアありがとうございます。

自分だけの集客メディアで差を付けろ!
継続集客コンサルティング

主にこれから事業を始める方にとって『集客』は大きな課題となります。
広告費をかけ続けるのではなくあなたの求めるお客様のほうから自動的にお問い合わせを頂ける自分だけの集客メディア作りをサポートいたします。
まずはどんなことでもお気軽にご相談ください。

安定した収益をブログから!
ブログで稼ぐためのコンサルティング

どんな方でもブログで継続的な収益を生み出すことは可能です。
ブログは「コツコツ」という努力が報われるツールです。
長期的に安定した収益をほぼノーリスクで生み続けたい方はどんなことでもお気軽にご相談ください。


あなたの価値を100倍引き上げる
売上に直結するマンガ制作

2018年の今日、ただ漫画を制作するだけではほとんど効果を発揮できません。
弊社ではこれから事業を始められる方から、大手企業様までのマンガ制作の実績を通し売上に直結するマンガ制作をご提案させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

「どんな方でもできるブログ」はお客さんを集め続ける“武器”にも、稼ぎ続けるための“武器”にもなります。私はそんなお一人おひとりに合った“継続的で自動的な仕組み”を創る専門家です。 また集客に強いと評判を頂いております“マンガ”を活用した動画、ウェブサイトなどのコンテンツの制作や、芸能人・有名人向けブログまで多数サポートしております。 継続的な集客や収入の仕組みを構築するための無料ご相談はコチラから。