【保存版】飲食店の売上や利益を伸ばす方法

The following two tabs change content below.
「どんな方でもできるブログ」はお客さんを集め続ける“武器”にも、稼ぎ続けるための“武器”にもなります。私はそんなお一人おひとりに合った“継続的で自動的な仕組み”を創る専門家です。 また集客に強いと評判を頂いております“マンガ”を活用した動画、ウェブサイトなどのコンテンツの制作や、芸能人・有名人向けブログまで多数サポートしております。 継続的な集客や収入の仕組みを構築するための無料ご相談はコチラから。

皆さんこんにちは。
マンガブログ集客コンサルタントの小林です。

このブログでは、主に個人のユーザーさんをお客様と見据えたビジネスを展開されている個人事業主様や小規模の法人様向けの集客を実戦でお役立ちいただけるための情報としてご紹介させていただいております。

では、今日のテーマは「【保存版】飲食店の売上や利益を伸ばす方法」です。

ポイント1:回転率、稼働率を伸ばす観点から

%e9%a3%b2%e9%a3%9f%e5%ba%97%e5%a3%b2%e4%b8%8a%e3%82%84%e5%88%a9%e7%9b%8a%e3%82%92%e4%bc%b8%e3%81%b0%e3%81%99%e6%96%b9%e6%b3%95

いざ経営すると、飲食店の売上や利益を伸ばすためにはどうすればいいのか、必ずその壁にぶち当たる事と思います。

今回の記事では、その飲食店の売上や利益を伸ばす事の解決のためのいくつかの具体的な対策についてご紹介いたします。

まず重要な飲食店の売上や利益を伸ばす方法に関わる概念としては、回転率と稼働率を伸ばす方法の模索が重要です。

一品一品の販売価格がそこまで高くない場合、飲食店の売上や利益を伸ばす方法を取らない事には売り上げが一向に上がりません。

ではその観点から、具体的に飲食店の売上や利益を伸ばすにはどのような手段があるのかご紹介していきます。聞くと単純に思えるかもしれませんが、この対策はきっちり取られているか、そうでないかで大きく利益に差がつくポイントです。

『テーブルの面積を小さくする』
『早く食べてほしいという雰囲気のお店にしていく』
『立ち食い、あるいは座り心地の悪い椅子に変える』
『料理を出すスピードを上げる』

以上がすぐに対策ができるおすすめの飲食店の売上や利益を伸ばす方法になります。ではさっそく、上記の飲食店の売上や利益を伸ばす方法について、一つ一つ見ていきます。まずは

『テーブルの面積を小さくする』

です。他のお店なども参考になると思われますが、意外とさりげないけれども効果のある手段になります。

わざと設計の段階から、あるいは元々が広いテーブルでも、何か調味料やステッカーなどを置く事で、広くもないがそこまで狭くもない、満足度を上手く調節した広さにできれば飲食店の売上や利益を伸ばす手段として、手始めにはいいのではないのでしょうか。

明らかに狭くし過ぎても印象が悪くなってしまうかもしれませんので。

ただし、この手段は意外とお客様も意識しない事なので、狭めなくらいでも大丈夫です。

この飲食店の売上や利益を伸ばす手段による効果は、例えばあなたも、テーブルが狭いのに次々料理が運ばれ、埋まってくると急いで食べますよね。

そうした効果や、元々狭くて他に作業するスペースなども取らせず、ほどよい圧迫感を与える事で、そこまで長居されずに済みます。

やはり問題となるのは、一品だけ注文してかなり長居される事です。まだそこまで繁盛していない場合は気にならないかもしれませんが、そのままでは流行った後に困ります。

飲食店の売上や利益を伸ばす手段を取らないと売り上げがその分下がってしまうからです。よければ参考になさってみてください。では次に、

『早く食べてほしいという雰囲気のお店にしていく』

です。これはどういった事でしょうか。この飲食店の売上や利益を伸ばす手段は、特に一品一品の単価が低いお店の場合重要になります。

例としてわかりやすいのが牛丼屋などです。ただ、この飲食店の売上や利益を伸ばす手段は、繁盛したお店になった後に必要なものです。最初のうちは考慮しない方がいいでしょう。

牛丼屋などは最初からそういうルールの元、お客様の数は莫大に多いわけなので、この飲食店の売上や利益を伸ばす手段が問われるのです。

あの値段では、とにかく飲食店の売上や利益を伸ばす手段を上手く駆使する必要があります。

よって、何となくわかっていただければいいのですが、後がつかえる、早くそこをどいてほしい、といった圧迫感を、上手くお店全体のイメージとして作っていく必要も問われてきます。いずれにしても、あそこまで客足があるのが前提になります。では次に、

『立ち食い、あるいは座り心地の悪い椅子に変える』

です。これはそのままで、わざと体に負担をかけるようにして、そこに居座れないようにしてしまうのですね。

この飲食店の売上や利益を伸ばす手段は、あからさまに居づらい状況にする必要はありません。だいたい食べてすぐに出れば負担のない程度の座りにくい椅子などになっていれば問題ありません。ただしこの飲食店の売上や利益を伸ばす手段、次の

『料理を出すスピードを上げる』

が伴っていなければ、待っている間にすでに不快感が募ってしまい、良くありません。

飲食店の売上や利益を伸ばす手段として、料理を出す事で満足感を作り、他の要因に注意が向かないようにするのが大事で、待たせる時間が長ければ、その前に不快感が大きくなってしまい、リピート率なども下がって、水の泡になる可能性もあります。

バランスが大事ですが、やはり飲食店の売上や利益を伸ばす手段を実行したいのであれば、料理はなるべく早く出す事も心がけましょう。

一品一品の値段が低いとしたら、なおさら飲食店の売上や利益を伸ばす手段を実行していく必要があります。

逆に、ものすごく一品一品が凝っていて値段が高めのお店であれば、飲食店の売上や利益を伸ばす手段はかなりほどほどに、むしろいらないくらいです。できる限り満足して居座っていただいてもいいでしょう。

むしろ居座っていただく事でどんどん料理を注文していただけるパターンの飲食店の売上を伸ばす作戦に転向しましょう。

ポイント2:坪単価売上を伸ばす観点から

では続いて、飲食店の坪単価売上の効率を上げる方法から今度は見ていきます。あなたのお店の広さはどれくらいでしょうか。

今回飲食店の売上や利益を伸ばす方法について、細かい話ですが書くのは、あなたのお店の利益を、そのお店の広さで計算してどうなのか確認したいからです。

要するに簡単に言えば、いくらそこらのお店よりも利益がいいと思っていても、お店の広さの割には利益が少ない可能性があり、この場合、もっと利益を増やせるのに甘んじてしまっているという、飲食店の売上を伸ばす上でもったいない形になっている可能性もあるのです。
%e9%a3%b2%e9%a3%9f%e5%ba%97%e3%81%ae%e5%a3%b2%e4%b8%8a%e5%88%a9%e7%9b%8a%e3%82%92%e4%bc%b8%e3%81%b0%e3%81%99%e6%96%b9%e6%b3%95

そこで、今回を機に、もし普段確認していなければ飲食店の売上や利益を伸ばす方法を考えてみていただきたいです。

ちなみに飲食店の坪単価利益の効率を伸ばす方法と言いますが、坪単価とは、一坪の売上を割り算で出す事を指します。

つまり、この方法で計算してみると、あのお店よりも利益は上りがいいのに、坪単価売上は低い、という事もあるのです。

この場合は、残念に思うのではなく、もったいないと思いましょう。

もっとあなたの飲食店は売上を伸ばす効率を図れる、その余剰がわかるわけなので。ちなみに最低ラインが十万円、二十万円以上あればかなり売れています。よって、基本的には十五万円を基準に考えるのがおすすめです。

上に書いた金額の基準からして、もし少ない傾向があると感じ、もっと利益が欲しい場合は、坪単価売上の効率を伸ばす必要があるでしょう。さて、ではさっそくあなたの飲食店の売上や利益を伸ばすために、大事な事をお話していきます。まずは、この点を考えましょう。

『地域に根付いたお店か』

これについては、飲食店の売上を伸ばす上で聞けば当たり前のような気もしますが、実はかなり大事な事で、何だかんだ運のいいお店で、飲食店の売上や利益を伸ばす方法など考えなくても上手くいった所があるとします。

その場合、飲食店の売上や利益を伸ばす手段も取れていないのに普通に考えて利益などたかが知れるはずです。

しかし、そういった飲食店の売上や利益を伸ばす方法などにこだわらないのに利益がいいお店というのは、その分絶対に地域に認められたお店のはずです。

たまにあります。飲食店の売上を伸ばす作戦も何も考えずに出店して、それなのに大繁盛というラッキーな店舗。

これは、知らず知らずのうちに飲食店の売上を伸ばすための何の経営の戦略なども取らずとも、地域のみなさんに支えられる形になったというだけの話なのです。では、その地域に支えられるためには何が必要なのでしょうか。まずは、これです。

『リピーターに愛されるお店』

これに尽きます。仮にオープンして、飲食店の売上を伸ばす戦略の手段も万全だと思って、お客様もたくさん来られたとします。しかし、数か月後にはもうあまり人も来られず閑散とした時間が増えていて、なぜだろうと思う場合。

これは、間違いなくリピーターがいないからです。リピーターというのは、基本的にそのお店の地域の方です。仕事で通っている場合でも、生活圏という事はその方の日常の地域と言えます。

あなたのお店はいかがでしょうか。つまりは、地域の方に理解され、リピーターがたくさん生まれるようなお店を心掛ける、これこそがざっくりとはしておりますが、飲食店の売上や利益を伸ばす方法になります。

そう言われると、ご自分でも思いつく飲食店の売上や利益を伸ばす方法はいろいろあると思います。

お店を綺麗にしたり、メニューを美味しくしたり、などなど。そこで、お店の利益を上げる上で、こういった地域に根付いたリピーターの多いお店にするために大事な手段とは何でしょうか。それこそが、

『目玉となる差別化商品』

を用意する事なのです。今の時代、確かに大変で、これは完全に初めてだというようなネタはなかなかありませんね。

よって、居酒屋なら居酒屋、ラーメン店ならラーメン店、別に一般的なスタイルを大幅に崩す必要性はありません。ただ、何か一点だけでもいいので、目玉になる何かを設置しましょう。

ここで例として、目玉となる差別化商品を作るコツになる考え方の一つをご紹介いたします。今の時代は完全に初めてなものを考案するのは難しいと書きましたが、それでも初めてのものを無限に作り出す考え方は存在します。

それが、何かと何かを「組み合わせる」事です。

一発ものとして見たこともないものなどはもうなかなかないかもしれません。

しかし何か二つ以上の要素の組み合わせを考えるなら、今でも、そしてこれからもいくらでもアイデアは考案可能です。あなたのお店にも必ずいくらでも組み合わせによって世界に一つしかないものはたくさんあるはずです。

とにかく真新しいものを追及する時にはこの点を意識しましょう。今回の目玉となる差別化商品となれば結果論として、別に真新しいものでなくてもお店に定着する可能性もありますので、肩の力を抜いて少しずつ意識していってみましょう。

にるそれは、お店の利益を上げるために、あなたのお店を印象付けるために用意するものです。

リピーターとは、要するにあなたのお店を頭の中に記憶し、何度も思い出してくださるお客様を指します。

お店の利益を伸ばすためには、その思い出しの手がかりになるものを作って差し上げればいいのです。

もちろん面白いメニューを一つでも用意してもいいでしょうし、面白い店内の内装にして記憶に残るようにしてもいいでしょう。

別に来られた全員がそのお店の利益を伸ばす手段によって虜になる必要はありません。少しずつでもいいのです。リピーターの方が一人増えるごとに、お客様の来られるサイクルによりますが、お客様一人分の売上が伸びるのですから。

これは積み重なってリピーターの方が増えれば、お店の利益を伸ばす上で本当に馬鹿にならない数字になります。

このように逆算していくと、結局リピーターが増えれば地域に根付く、地域に根付けば飲食店の売上や利益を伸ばす事が叶う、という形になるのです。あなたのお店の成功を願っております。

最後に、現在無料キャンペーン中の無料ブログ集客相談を行っているのですが。

飲食店の経営が失敗せず儲かるようになる手段として、ブログはうってつけです。

作ってしまえば不動産と同じく、この先半永久的にお客様を集め続ける事ができるツールになるので、導入してみるのもいいと思います。

ぜひどのような些細な事でも一度お声がけくださいね。

というわけで今日は「【保存版】飲食店の売上や利益を伸ばす方法」というテーマでお届けしました。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

サンプルゲームを使ってみました

※音声が出ますのでご注意してください。

スタートアップ事業者様向けオススメプラン







いつも多くのシェアありがとうございます。

自分だけの集客メディアで差を付けろ!
継続集客コンサルティング

主にこれから事業を始める方にとって『集客』は大きな課題となります。
広告費をかけ続けるのではなくあなたの求めるお客様のほうから自動的にお問い合わせを頂ける自分だけの集客メディア作りをサポートいたします。
まずはどんなことでもお気軽にご相談ください。

安定した収益をブログから!
ブログで稼ぐためのコンサルティング

どんな方でもブログで継続的な収益を生み出すことは可能です。
ブログは「コツコツ」という努力が報われるツールです。
長期的に安定した収益をほぼノーリスクで生み続けたい方はどんなことでもお気軽にご相談ください。


あなたの価値を100倍引き上げる
売上に直結するマンガ制作

2018年の今日、ただ漫画を制作するだけではほとんど効果を発揮できません。
弊社ではこれから事業を始められる方から、大手企業様までのマンガ制作の実績を通し売上に直結するマンガ制作をご提案させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

「どんな方でもできるブログ」はお客さんを集め続ける“武器”にも、稼ぎ続けるための“武器”にもなります。私はそんなお一人おひとりに合った“継続的で自動的な仕組み”を創る専門家です。 また集客に強いと評判を頂いております“マンガ”を活用した動画、ウェブサイトなどのコンテンツの制作や、芸能人・有名人向けブログまで多数サポートしております。 継続的な集客や収入の仕組みを構築するための無料ご相談はコチラから。